海外通販で一番お得なクレジットカードは?

クレジットカードの海外事務手数料

photo credit: cafecredit money-photo-7 via photopin (license)

海外でのお買い物や海外通販などで、日本のクレジットカードを使って外貨でのお買い物をする際、為替レートで換算される金額とは別に、【※海外事務手数料】がかかるのをご存じですか?(※外貨取扱手数料や為替手数料と呼ばれる場合もあります。)

私はよくVISAカード(三菱UFJニコス発行)を利用しているのですが、昨年2016年の12月21日よりこの海外事務手数料を改定(値上げ)したようです。

 

改定前: 1.55%(税込1.67%)

改定後: 2.00%(税込2.16%)

 

例えば、日本円に換算して10万円分のお買い物では、海外事務手数料が1,670円発生していたのに対して、改定後の現在は2,160円になったというわけです。

 

この海外事務手数料は、カードの種類やカード発行会社によっても微妙に違います。

5大国際カードブランドとして、VISAMasterCardJCBAmerican ExpressDiners Clubなどが挙げられますが、どのカードが一番お得かというのは、採用している換算レート(基準レート)にも違いがあるので、大変わかりにくくなっています。

 

あえてざっくりと総合的(感覚的?)にお得順に順位をつけるとすれば、

MasterCard > JCB > VISA > American Express > Diners Club

という感じでしょうか?

(参考サイト☞ 為替レートの良いクレジットカードでお得に海外旅行を楽しもう

 

クレジットカードを複数枚お持ちの方は、これを踏まえて海外旅行や海外通販用にカードを使い分けてもよいかと思います。

 

とはいえ、それぞれのカード会社でのポイント特典などもありますので、一概にどれがいいかは人それぞれかもしれませんね。